MENU

他のクリニックとの違い

DIFFERENCES FROM OTHER CLINICS

DIFFERENCES FROM OTHER CLINICS他のクリニックとの違い

当院のインプラント治療法について(他のクリニックとの違いについて)

当院のインプラント治療の特徴

  • ガイデッドサージェリー(デジタルワックスアップ、スマートフュージョン、ラジオグラフィックガイド)
  • 抜歯即時埋入インプラント
  • イミディエイトローディング
  • GBR(垂直的骨造成、水平的骨造成、ベニアグラフト)
  • サイナスフロアエレベーション(クレスタルアプローチ、ラテラルアプローチ)
  • フラップレスインプラント
  • All-on-4(オールオンフォー)
  • インプラントオーバーデンチャー
ガイデッドサージェリー

インプラント埋入位置を高性能CTとインプラントプランニング専用シュミレーションソフトを用いて、審美的にも力学的にも安定する位置を計算し適切なインプラント埋入ポジションを決定します。
最適なポジションにインプラントを埋入するための手術用のサージカルガイド(マウスピースのようなもの)を作製し、このガイドを装着して手術を行なうことで、コンピュターで設定した最適な位置にインプラントを埋入することができます。

DTXイメージ
DTXイメージ
DTXイメージ
適応
安心、安全なインプラント治療を望まれる方にとって、非常に有効な方法です。

ガイデッドサージェリーの方法

One visit guided surgery
当院では口腔内スキャナーを用いたガイデッドサージェリーも行えますので、一度の来院でスキャンし、その場でサージカルガイドの作製、インプラントの手術を行なうことも可能です。
スマートフュージョン
一度型採りをさせていただき、その模型にワックスアップを施しスキャナーで理想的な歯の形態を読み込みCTに反映させます。数日お時間をいただき、サージカルガイドを作製します。
ダブルスキャン
多数歯欠損のケースなどに行います。まずラジオグラフィックガイドというCT撮影用ステントを作製します。そのステントを口腔内に装着してCTを撮影し、サージカルガイドを作製します。

このようにケースによって、ガイデッドサージェリーの方法は異なりますので担当医にご相談下さい。

抜歯即時埋入インプラント

歯を抜いて、その穴にインプラント埋入する方法です。

適応
歯がある状態でその部位に直ちにインプラントを埋入したい方、埋入したほうがメリットが高い方に適用されます。歯の抜歯と同時に手術を行ないますので、手術回数を減らすことが可能ですし、周りの骨、歯肉の吸収も抑えられるのでメリットの高い方法ですが、正確な診査診断、高い技術力が必要になります。
イミディエイトローディング
適応
  • すぐに仮歯がほしい方
  • 前歯のインプラントを希望される方

早く治療を終えたい方、前歯部でスキャロップの温存(歯茎が痩せてしまわない)が必要な場合に適用されます。見た目が気になる、前歯のインプラントをご希望されている患者様にとって非常に有効な方法です。

GBR

骨が足りない、痩せてしまったところを補う治療法です。

適応
  • 骨が痩せてしまってインプラントが入れられないケース。
  • 他院でインプラントが入れられないと言われた方。
  • 審美的に骨造成をしたほうがきれいになる方。

方法

  • 自家骨移植
  • 人工骨移植
  • 自家骨+人工骨移植

垂直的骨造成、水平的骨造成、ベニアグラフトなど様々な方法で骨造成が可能です。術式な関しての説明は省きますが、骨欠損の形態、患者様の負担(腫れ、痛み、期間)などに配慮して術式は選択し、インフォームド・コンセントに沿った形での治療を心掛けております。セカンドオピニオンも受け付けておりますので、他院でインプラントが難しいと言われた方もご相談下さい。

サイナスフロアエレベーション

上顎洞内に骨移植をしてインプラントを行なう方法

適応
  • 上顎の奥歯のところに骨が足りない方

方法

  • バーティカルアプローチ
  • ラテラルアプローチ

比較的に日本人は上顎奥歯の骨が少ないことが多いので、上顎ではメジャーな骨造成法です。バーティカルアプローチの多くは比較的少ない骨造成時に適応されます。インプラントを埋入する穴から上顎洞にアプローチするため侵襲は少ない方法と言えます。ラテラルアプローチは、インプラント埋入する穴とは別のところから上顎洞にアプローチしますが、大きな骨造成が可能です。
骨欠損の形態、患者様の負担(腫れ、痛み、期間)などに配慮して術式は選択し、インフォームド・コンセントに沿った形での治療を心掛けております。また、サイナスフロアエレベーションを回避する方法として、インプラントをあえて傾斜させて埋入する方法もございますので、そのような治療をご希望の方もご相談下さい。

フラップレスインプラント

歯肉を大きく切開することなく、インプラントを埋入する方法です

適応
  • 骨幅が十分ある方。
  • ガイデッドサージェリーを行なう方。
  • 腫れ、痛みをできるだけ避けたい方。
All-on-4

All-on-4

すべての歯を4本のインプラントで支える方法です。すべての歯を人工的な歯に置き換えるので美しい歯の形、色、歯並びにすることができ、歯がすべて揃っていた時のように楽しく食事がとれるようになります。手術当日に仮歯を装着することができるので見た目、会話、食事の心配もいりません。

適応
  • すべての歯がない方、もしくは抜歯予定の方
  • 骨移植(骨造成)を避けたい方(侵襲の少ないインプラント治療がご希望の方)
  • インプラントを少ない本数で考えている方
  • 大きな入れ歯を使っていて入れ歯をやめたい方
インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

入れ歯をインプラントで支える方法です。入れ歯が食事中や会話中に動いてしまう方に最適な方法です。入れ歯を使っていただくので、費用は他のインプラント治療に比べ安価です。予算が心配な方はぜひご相談下さい。

適応
  • 現在入れ歯を使っていて入れ歯が動いてしまうことに困っている方
  • 全体的に歯が少ないが費用を抑えたインプラント治療を希望される方