ブログ

BLOG

虫歯の再発!?


歯科医院で患者様によく尋ねられる疑問

虫歯の再発!?とその予防法について今回はお話します。

虫歯は再発するのか?
答えはYESです。
歯はいつでも虫歯になるリスクを抱えています。特に治療を終えた歯ほど注意しなければなりません。

その理由は、

  1. 虫歯になったということは虫歯を作る細菌がお口の中に存在するということ。
  2. 虫歯になったことには理由がある。それはブラッシングの問題なのか、かみ合わせなのか、習慣的な食べ物、飲み物によるものなのか、修復物の劣化によるものなど様々な理由が存在します。
  3. 虫歯の歯の治療はあくまで修復(修理)したということであり、再生したわけではないこと。
  4. 虫歯治療を繰り返し行うことは、その歯の健康な部分はどんどん減ってしまっている。
  5. 虫歯治療のほとんどが再治療という現実。

これらのことはよく当院ではお話させてもらっています。

1.

細菌についてですが、お口の中の細菌の種類によって虫歯になる菌とそうではない菌がいるのです。特定の細菌が虫歯を作ることはわかっていますので、虫歯が過去にできたことがある方は注意が必要です。

虫歯のメカニズムですが、

虫歯(う蝕)は細菌の感染によって起こります。私達が飲食した糖分から細菌は酸を作り出し、その酸によって歯質を溶かすのです。う蝕を引き起こす主な細菌はミュータンス菌とラクトバチラス菌で、これらの菌は歯面に対し強い付着能力を持ち、コロニーを形成し、食後8時間程度でプラークとなります。また、プラーク中には1ミリグラム当たり1億個もの細菌がいると言われております。これらの細菌が作り出した酸に、高頻度、長時間暴露されることで歯質は溶かされていき、そのう蝕の進行度によって様々な症状があらわれてきます。

2.

虫歯になるには理由があります。

虫歯発生のファクター

  • 歯質
    歯質は一人一人異なり、虫歯になりやすいかどうかを左右します。歯質を強化するためには、歯の再石灰化を促進するフッ化物を利用することも効果的です。エナメル質が弱い方はう蝕になりやすいのでこまめなチェックが必要です。
  • 細菌
    う蝕発生の原因菌として有名なのはミュータンス、ラクトバチラス菌です。日頃のブラッシングによるホームケアが重要です。また定期的に歯科医院でのプロフェッショナルケアを受けるとともに、日頃のブラッシングの癖や、磨き残している箇所を指摘してもらうことで、さらにホームケアの質を上げることができます。

 

  • 糖分
    糖分の多い間食が増えると、口の中が酸性になり、虫歯になりやすい状態になります。間食を控えたり、糖分の少ないおやつを選んだり、バランスのとれた食生活を送ることを心がけましょう

 

  • 唾液
    唾液はう蝕発生に対して最大の防御機構です。
    唾液の主な作用は洗浄作用:細菌を洗い流す殺菌
    抗菌作用:細菌の増殖を抑える
    pH緩衝作用:酸性に傾いてしまった状態を中性に戻す
    再石灰化作用:歯の表面を修復(再石灰化)

3.

歯は再生しない

虫歯治療は修復治療です。歯は基本的には再生しない組織ですので、勝手に治ることはありません。ですので、歯を削った場合は、他の材料を用いて修理しているということです。修復材料はいずれ壊れてしまいます。

4.

繰り返しの虫歯治療により歯のステージは進行してしまう

虫歯治療を繰り返し行うことで多少なりとも歯を削る量が増えてしまうので、健康な部分は失っていきます。また、歯の神経の処置が必要になることも少なくありません。歯の神経についてはこちら
しかしながら、治療をしなくていいわけではありません。治療をしないと余計に虫歯が進行し、治療がより複雑になり困難になります。

5.

再治療が多い現実

虫歯治療はほとんどが再治療なのです。その理由は、歯を治療すると人工材料を用いて治すことがほとんどですが、そのほとんどの材料が劣化していきます。劣化しくると人工物と歯との間に隙間が出来てしまったり、割れてしまったり、外れてくることもあります。材料によっては変形することもあります。変形してしまってもほとんどの場合は自覚症状は現れませんので、その隙間に食べかすや細菌が入り込み新たに虫歯を作ることで虫歯の再発に繋がってしまうのです。

 

虫歯の再発についておわかりいただけたでしょうか。再発するのはわかったけど、どうすればいいのかわかりませんよね。

最後になりますが、実は虫歯の再発によってご自身の歯ををなるべく守る方法があります

虫歯の再発を予防するのに最も効果的な方法は

定期検診に通うことです。早期発見、早期治療が最も効果的と言われております。
日本は欧米諸国と比べ、定期検診に通われている比率が少ないというデータがあります。これらの理由により日本人は歯を失いやすいとも言われております。今後このようなデータの話もする予定ですので、たまにブログを覗いて下さい。

 

横浜市みなとみらいにある歯科医院
OCEAN DENTAL OFFICE MINATOMIRAI
オーシャンデンタルオフィス みなとみらい

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ